ウインドウズ7から10へ

こんにちは。寝屋川市の歯医者、おかべ歯科の岡部です。

今年も残すところあと2週間となりました。1日、1月、1年を大切にしていかないとあっという間に時間が過ぎてしまいますね。

さてこの時期になって期限が迫ってきているものといえば「来月1/14をもってのウインドウズ7のサポート終了」です。

来月1/14以降もウインドウズ7のパソコンが使えなくなるわけではないみたいですが、インターネットに繋がっているパソコンであればウインドウズ10へ移行しておいた方が良いみたいです。

ただ新規でのウインドウズ10パソコンの購入やウインドウズ10へアップグレードすると、そのままの設定のまま使うのは凄く不便です。

例えばそれは使い勝手やプライバシー面などでマイクロソフトが良かれと思ってデフォルト設定しているものは実は迷惑だったりします。

そこで「ウインドウズ10 を導入したら真っ先に行ったほうが良い初期設定まとめ」を紹介します。

jyuhjhgjtttt.jpg

①起動時のユーザー名とパスワード入力を省略

ウインドウズ10ではマイクロソフトアカウントを設定するとパソコンの起動時に必ずユーザー名とパスワード入力を求めてきます。

パソコンを持ち出さない、自分しか使わない、面倒くさいなどの理由から「パスワード入力なんて必要ないよ」という場合には
パソコン起動時のユーザー名とパスワードを省略することができます。

②高速スタートアップの設定を無効

高速スタートアップとは、パソコンの次回起動を速くするために、シャットダウン時にメモリやCPU、一時データの状態をHDDに保存しておく機能です。

一見するとパソコンの次回起動は速くなるのでとても良い機能に思えますが、利用を誤るとパソコンの動作不順を誘発したり、外付けHDDなどのデータを消失させたりという不具合が発生します。

多くの方にとってはデメリットの方が大きいのではないかと思いますので無効にしておくと良いです。

③回復ドライブの作成

最近のパソコンには、トラブル時に初期化(工場出荷)することができる「リカバリディスク」が付属していないのが当たり前です。

新しいパソコンを購入したら、リカバリディスクと同じ効果のある「回復ドライブ」を必ず作りましょう。未作成の方は、とにかく早めの作成をお奨めします。

ウイルスに侵されたり突然OSが起動しなくなった時に「回復ドライブ」を作っていない場合、新しいパソコンを買わねばならなくなる場合もあります。

④プライバシーの設定をしっかり行う

ウインドウズ10を新規購入、アップグレードどちらにたいしても言えることですが、そのままだとプライバシー設定が若干心配です。
見えないところでマイクロソフトへ自分のプライバシーが流されてしまっています。

⑤パソコン操作の妨げになる宣伝広告やおしらせを非表示に

ウインドウズ10 は初期状態だと、とにかく宣伝広告やお知らせをこれでもかというくらいに様々な場所へ出してきますので、これらを非表示にするのはウインドウズ10を快適に利用するなら必須の初期設定だと思います。

⑥マイクロソフトIMEの予測変換をクラウド候補機能で賢く

ウインドウズ10のマイクロソフトIMEには「クラウド候補機能」が搭載されていて、マイクロソフトの検索エンジン「Bing」のオートサジェスト機能を利用して、膨大な語句を予測変換候補として表示してくれる凄く賢い機能があるんです。

しかし、デフォルトの状態だとこの機能は「OFF」になっていて使われていません。

この設定をすれば、グーグル日本語入力並に賢くなります。

⑦パソコンの不要データを自動で削除してくれる掃除機能を設定

パソコンは使っているだけで、一時的なデータが消えずにどんどんと堆積していき溜まりすぎるとストレージを圧迫するだけでなく快適な動作にも支障をきたすようになり、これが「パソコンが遅くなる」原因のひとつになります。

以前のウインドウズ10ではこれを手動で削除しなければなりませんでしたが、ウインドウズ10 Fall Creatorsアップデート以降は自動で削除してくれる設定項目が追加されました。

一時的なデータの削除以外にも、ゴミ箱の中身の整理も自動的に行なってくれますので、初心者から上級者までウインドウズ10ユーザーならば設定して損はない効率化アップ機能です。

⑧セキュリティソフトは必要であるか?

従来のウインドウズでは、ウイルスなどのマルウェアからパソコンを保護するために、ウイルスの検知や駆除機能を備えたセキュリティ対策ソフトを別途購入して、インストールする必要がありました。

ウインドウズ10には、こうした基本的なセキュリティ対策機能が「ウインドウズセキュリティ」というOSの機能の一部として、標準で搭載されています。

ウイルスなどのマルウェアを検知・駆除できるのはもちろん、一時期話題になったランサムウェア(データを暗号化して金銭を要求する)対策の機能も搭載されている上、「SmartScreen」という機能によって、フィッシング詐欺サイトなど、インターネット上の危険なサイトへアクセスしそうになったり、危険なプログラムをダウンロードしそうになったときに、警告を表示する機能も搭載されています。

OSとしての基本的な部分でも、高い安全性を実現するように設計されたウインドウズ10ですが、こうした数々のセキュリティ対策機能により、インストール直後から安全に利用できるようになっています。

もちろん、市販のセキュリティ対策ソフトの方が高度な機能を備えていることはありますが、通常はOSの機能だけで、十分に安全にパソコンを利用できます。

⑨ファイルの拡張子を表示させましょう

ウインドウズ10を導入したばかのデフォルト状態では「ファイルの拡張子」が非表示になっています。拡張子を表示させておくことはとても大事なことなので表示させておくと良いと思います。

⑩タイムライン機能は必要ですか? 使わないなら停止をお奨めします

ウインドウズ10 Aprilアップデート(1803)から実装された「タイムライン機能」ですがタスクビューが見づらくなり、かつ必要以上にパソコンの処理能力を使い、何よりも多くのフリーソフトはタイムラインに表示されません。

必要ないと感じた方は以下の設定からタイムラインをオフにされると良いと思います。


他にも色々ありますが、せっかく新しいウインドウズ10なので古いウインドウズよりも快適に使いたいものです
p(*^-^*)q