寝屋川市の財政状況

こんにちは。寝屋川市の歯医者、おかべ歯科の岡部です。

すっかり涼しくなりましたね。

昨日は天皇陛下の即位を国内外に知らしめる儀式「即位の礼」が執り行われました。
そのハイライトと言えるのが22日の「即位礼正殿の儀」。天皇陛下自らが即位を宣言されました。

kkkuulopii.jpg

即位パレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」も同日に行われる予定でしたが、11月10日に延期になることが決定しました。
11月10日午後3時から、皇居から赤坂御所までの約4・6キロのコースで行われます。

この即位パレード「祝賀御列の儀」は両陛下に会える数少ない機会になりそうです。

猛威を振るった台風19号で被災した方々への配慮としてパレード延期が決定したそうですが何とか1日でも早い復興を願います。

皇位継承に関係した今後の主な儀式としては、、、

10月25~31日=皇居・宮殿で祝宴「饗宴の儀」

11月10日=パレード「祝賀御列の儀」

14、15日=皇居・東御苑で「大嘗宮の儀」

16、18日=宮殿で祝宴「大饗の儀」

22、23日=天皇、皇后両陛下が伊勢神宮(三重県)を参拝(主要儀式の終了を報告する「親謁の儀」のスタート)

27日=神武天皇陵(奈良県)と孝明天皇陵(京都市)を参拝

28日=明治天皇陵(京都市)を参拝。京都御所で茶会

12月3日=昭和天皇陵と大正天皇陵(いずれも東京都)を参拝

4日=皇居・宮中三殿を参拝(親謁の儀が終了)

2020年

4月19日=宮殿で秋篠宮さまの立皇嗣の礼

天皇即位に伴う儀式は年内で終わりますが、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣(こうし)となったことを明らかにする「立皇嗣の礼」が宮殿で来年の4/19に行われます。

寝屋川市の明るいトピックとしては、2018年度の黒字額が16億5900万円で府内5位でした。
大阪府内の市町村の2018年度(平成30年度)決算見込みが大阪府によって発表され寝屋川市は2004年度から連続して黒字決算です。

hgfdlopppfs.jpg

政令指定都市(大阪市と堺市)を除く市町村の財政状況が財政指標や様々な比率などを用いて公式ホームページ上に公開されており、自治体・経年間の比較ができるようになっているのが特徴です。

大阪府内では

1位 豊中市:30億1100万円
2位 東大阪市:25億7900万円
3位 吹田市:24億5600万円
4位 箕面市:19億4000万円
5位 寝屋川市:16億5900万円

経年間で比較すると、大阪府内では2012年度から7年連続で赤字団体0となっており、寝屋川市は2004年度から黒字を継続しているとのことです。
寝屋川市の財政が黒字で続いている事実を知らない人は自分も含め多いのではないでしょうか?これを機会に自らが住んでいる街の事をもっと学びたいと思います。